お金をかけない簡単なみんなの巻き爪対策まとめました

まき爪ブログ

MENU
お金をかけない簡単なみんなの巻き爪対策まとめました

お金をかけない簡単なみんなの巻き爪対策まとめました

お金をかけない簡単な巻き爪対策をまとめてみましたが、すでに悪化しているようなら病院に行くか巻き爪対策グッズを購入してしっかりと直してください。

 

 

深爪をしないこと

8年くらい前は、かなり頻繁に巻き爪に悩まされていました。

 

それで、もっともお金のかからない巻き爪の対策方法として、爪の切り方に気を付けるようにしてきました。

 

具体的には、まずは深爪をしないことです。

 

巻き爪に悩まされてきた時は、爪を切る面倒から癖のように深爪をしてきました。

 

でも、深爪対策のために、出来るだけ爪の白い部分を数mm程度残すように爪切りに気を付けています。

 

それから、爪を切る時に、以前は爪を丸い形に切るようにしていました。

 

角を残さないことで周りに引っ掛かりにくくするためで、小さい頃に親から教わった切り方でした。

 

これに関しても、巻き爪に悩まされてからは「スクエアカット」と言って爪を四角く切るように心がけています。

 

 

コットンを利用して巻き爪対策

コットンを5mmほど切り、綿の部分を取り、外側の薄い部分をこよりみたいにして細くします。

 

それを、まず爪の端と指の間に押し込みます。巻きづめになっている爪と肉の間に壁を作る感じです。

 

自分の爪だけで押し込むと、ちゃんと入らないので、針等で、確実に爪と肉の間に押し込むようにします。次に爪に沿ってコットンを押し込んでいき、逆の端のところでまた針を使って、爪と肉の間に押し込みます。

 

巻き爪が肉に食い込むことがないので、痛みがなくなります。爪が伸びてコットンがとれたらまた入れなおします。

 

繰り返していくと、巻きづめが改善されて、コットンがなくても痛むことがなくなりました。

 

お金もかからないし、自分で簡単にできるのに良く効くので、オススメです。

 

 

まず巻き爪にならない様にこまめに爪を切る様にしています。

 

切る時にはあまり切りすぎず巻き爪にならない程度に切るのがポイントです。

 

巻き爪になってしまった時にはお風呂に浸かったり、お湯に足を入れたりして指をふやかした状態で切ると良いです。

 

その方があまり痛みも無く綺麗に巻き爪を切る事が出来ます。

 

巻き爪を切る時は爪切りと毛抜きを使い、爪の先の部分に爪切りをあて爪を持ち上げる様にしてから切ります。

 

切るというよりも爪切りで挟んで引っ張るという感じです。

 

 

でもその時にあまり強く引っ張ると血が出たりするので気を付けてくださいね。

 

あとはあまり爪を短くしないで巻き爪になりそうな時だけ切って、なるべく伸ばす様にしています。

 

爪が短すぎると伸びた時にすぐ巻き爪になりやすいと思います。

関連ページ

ブログで見つけたまき爪治療が効果があったよ!
ブログで見つけたまき爪治療が効果があったよ!
自分でできる巻き爪対策を教えます!
自分でできる巻き爪対策を教えます!
親指がまき爪なのでテーピングを使って対処しています。
親指がまき爪なのでテーピングを使って対処しています。
テレビで放送された簡単な巻き爪対処法
テレビで放送された簡単な巻き爪対処法
ドクターフットの巻爪ケアに通った結果!?
ドクターフットの巻爪ケアに通った結果!?